MENU

債務整理後、住宅ローンの「フラット35」はいつから組める?

みなさんはフラット35をご存知でしょうか。
フラット35は通常の住宅ローンよりも有利なところのある住宅ローンです。
では、債務整理後でもフラット35に申し込む事は出来るのでしょうか。
申し込めるならいつからになるのでしょうか。

 

フラット35とは

フラット35は住宅金融支援機構と民間金融機関が共同で提供している住宅ローンです。
最長35年の長期固定金利の住宅ローンで、金利は2%台と安く、最高8000万円まで借り入れ可能です。
さらに、保証人や保証料もいらず、繰り上げ返済手数料もいりません。
団体信用生命保険の加入も必須ではないので、既往症などがあって保険加入が出来ない人でも申し込めるなど、メリットの多い住宅ローンです。

 

債務整理後フラット35の審査を通る時期

フラット35はメリットの多い住宅ローンですが、通常の住宅ローンと同じように審査があります。
フラット35は審査が甘いという人もいますが、そのような事はありません。
確かに以前は審査が甘い時期もありました。
フラット35は、民間金融機関が融資を行った後、住宅金融支援機構がその債権を買い取る仕組みで、銀行は代理販売をしているに過ぎないので、住宅ローンを申込人が返せなくなっても民間金融機関には損害はありません。
2012年に住宅金融支援機構が改善指導を受ける前は銀行だけで審査を行っていたため、個人信用情報の調査も行わずに融資していたケースもあったのです。
ですが今ではそれも改善されていますから、通常の銀行ローンと同じように、債務整理から5〜10年経って信用情報が消えるまではフラット35の審査にもほとんど通る事はないのです。

 

まれに信用う情報が残っていても通る場合がある

それでは、信用情報が消えるまでは、絶対にフラット35の審査に通る事はないのでしょうか。
それが、稀に通る場合があるのです。
それは、上場企業に長期間勤務しているなどの属性情報が高く、年収に対する借入比率が低いなどの場合です。
原則的にはあまり期待できませんが、場合によってはフラット35を利用できる場合もあるのです。